太平洋炭鉱太平洋炭鉱

高木研究室

・・・四駆・単車で訪ねた鉱山記録・・・ Create 1999.8.1 Update 2000.10.20

このページは、三重県名張市在住の 高木明人氏のご厚意により、氏より提供された鉱山情報を紹介させていただいているものです。
鉱山表には木氏が探査された鉱山情報が満載、さらに鉱山名をクリックすると鉱山写真が見られます。(一部鉱山を除く)



Contents:

Index1北海道鉱山表・・・北海道の鉱山詳細リストです。

Index2東日本鉱山表・・・東日本(東北・関東・東海・上信越地方)の鉱山詳細リストです。

Index3西日本鉱山表・・・西日本(北陸・中部・近畿・中国・四国・九州・沖縄地方)の鉱山詳細リストです。

Index4精錬所一覧・・・全国の主要精錬所リストです。


<鉱山表ご利用に際してお読みください>

この鉱山表はあくまでも、私個人の旅の記録に、参考データを追加したものです。作者の判断に基づき掲載する情報は、慎重に取り扱っていますが、あくまでも情報に基づく行動はみなさんの責任となります。その行動に関するトラブルにつきましては作者はいっさい関知しません。無断進入等、非常識な行動をさけるため具体的な地域、位置等について意識的にふせている箇所もあります。
個人的な情報のやりとりとして、その提供は可能な場合もありますが、当H ,P内ではある程度縮小しております。

鉱山名、五万図名については、昭和29〜31年当時、現在及び閉山時の名称が混在しています。

鉱石、経営者、鉱業権者名については、昭和29〜31年当時の鉱産誌からのデータであり、必ずしも最盛期,閉山時及び初期のものとは限りません。

特に各名称については、時期により変貌し幾多の変化があります。ベクトルが揃っていないことを了解の上、ご覧下さい。備考(現状)については、内地は訪問時期当時のものです。また、北海道の関しては1986〜99までの十数回の渡道による、その間の現状です。設備撤去や、自然回帰のための工事が進んでいる場所もあります。必ずしも現在の状態ではありません。


私の鉱山探訪

私の鉱山探訪の目的は、全く趣味的な物でモノクロ写真を撮りながら探検しています。

軌道

なにぶんガイド的な物が全くないようなモノなので、探すときのゲーム性もおもしろいモノです。そして、地図上で位置を確定して、現場へ行く旅行的な面白さ。趣味の四輪駆動車や単車で キャンプをしながら鉱山を目指します。時には徒歩に切り替え、それでも見つからず地形図をひっくり返し、地元の老人に道から地誌的なことも聞き、やっと見つけられたり何もなかったり・・・・。

四輪駆動車_単車

初めて、訪れた鉱山は北海道の鴻の舞鉱山。林道を探して峠を越えると、モノレールのような錆びた鉄骨とガソリンスタンドや煙突の廃墟。お化け屋敷に突然迷い込んだような不思議な感覚でした。家へ帰ってから何なのか調べている間に、 強制連行やその歴史的な背景を知り再び訪れてみると、偶然見つけた時とは全く違う感覚でした。

探索前の下準備

 1,古地図で調べる。・・・ 昭和40年頃のロードマップ、大版日本全図など、 昭和30年頃の国土地理院地形図
 2,地誌で調べる。
 3,地名辞典で調べる。
 4,鉱物ガイドで調べる。
 5,鉄道廃線情報から調べる。
 6,鉱産誌、鉱山専門書で調べる。
 7,地学関連書から調べる。
 8,廃墟をテーマとした写真集で探す。

そして、付近の地形図(現在のモノ)を買い、正確な位置を探す。
わからないときは、怪しいところをマークする。
  荒れ地に巨大な建物マーク
  荒れ地に神社
  山中に鉱口
  廃線跡の終点
 



高木明人氏に直接連絡を取りたい場合、下記へお願いします。
<a-kito-8274@mug.biglobe.ne.jp>